つなげて物語をつくっているのは自分〜“成長のヒント”(いまも僕を助けてくれる言葉)/2020年10月31日

つなげて物語をつくっているのは自分〜“成長のヒント”(いまも僕を助けてくれる言葉)/2020年10月31日

 

古代の人たちは

夜空に輝く星々を見て

 

線でつないで、神話を想像し

 

語り継いで

文明や文化が生まれた。

 

星空を英語で

「コンステレーション(布置)」と言い

 

一見、バラバラに見えるものが

 

ある瞬間に、つながりあって

意味やストーリーが浮かび上がってくることを意味する。

 

それは日常でも同じ。

 

一見、バラバラな出来事が

ある瞬間に、つながりあって

意味や流れが見えてくる。

 

しかし

それが人によっては

 

不信や不安になるような不吉なストーリーになったり

勇気が湧いてくるような希望のストーリーになったりする。

 

では、どうしたら

いいストーリーにつながっていくのか?

 

それは、目の前の出来事の奥の奥が

無限のつながり(可能性)につながっていると信じ

 

関わる人たちが輝いていく。

物語(展開)を想像し続けること。

 

そうすると

あるとき

おもしろいように物語がつながっていく。

 

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

”できる”成長のヒントカテゴリの最新記事