仕事中の温度は、何℃だろうか?〜“成長のヒント”(いまも僕を助けてくれる言葉)/2020年6月9日

仕事中の温度は、何℃だろうか?〜“成長のヒント”(いまも僕を助けてくれる言葉)/2020年6月9日

 

やっているわりに

なかなか現状が変わらないなら

 

働き方に原因がある可能性がある。

 

「これでダメだったらしょうがない」

「きっと死んでも後悔しない」

「仕事が楽しくてしかたがない」

 

と思える働き方をしていたら

 

たとえ、苦しいような状況であっても

逆に、楽しめ(楽しくなっていき)

どんどん進んでいける。

 

大事なのは

 

どんな仕事をするのかよりも

どれだけ熱く働けるか?

その熱量しだい。

 

そもそも

熱さがない人はない。

 

身に内にある

魂が燃えているところから、熱さは放たれるもの。

 

もし

・自分で決められない

・自分の足で立てない

・自分で考えて動けない

・全力で無我夢中に働けない

 

と、冷めている自分がいるなら

 

それは

魂が、奥の奥の奥に…

引っ込んで隠れている場合が多い。

 

燃えて熱く働くには

 

・言い訳して大事なことから避けている自分

・人の顔色をうかがって遠慮している自分

・現状に慣れて省エネになっている自分

・決めつけて戦うことを諦めている自分

・ずっと誰か(何か)のせいにしている自分

 

などの、どうでもいい自分を差し置いて

 

燃えている魂を

最前列に引っ張り出してくる。

 

それは、誰もやってくれず

自分自身の意思でしかできないこと。

 

そのためには

今の仕事に、ひとまず全人生をかけてやることが一番。

 

あとは

聞きやすくなった魂の声に

正直に動くだけで

 

99%のたいていのことは、未知がひらけていく。

 

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

”できる”成長のヒントカテゴリの最新記事