“できる”サラリーマンのためのスティーブ・ジョブズの言葉01

“できる”サラリーマンのためのスティーブ・ジョブズの言葉01

はじめに

スティーブ・ジョブズを知らないビジネスマンはいないと断言できるのではないでしょうか?

iPhone、iPad、iPod、Macintosh・・・。アップル社の製品を一度は耳にしたり、使ったことがある人は多いと思います。

そのアップル社を創業したのが、スティーブ・ジョブズなのです。

 

1976年、21歳のジョブズは、自宅のガレージで会社をスタートしました。学歴もお金も人脈もない中での起業でしたが、誰にも負けない情熱で革命的な製品(AppleⅡ、Macintosh )を開発し、大ヒットさせると、アップル社は一躍大企業へと成長させていくのです。

ところが、経営をめぐり役員と衝突することになり、ジョブズは会社から追い出されてしまうのです。創業者であるジョブズが追い出されてしまうという驚きの出来事になったのです。

創業者が追い出されるという驚きの事態に、ジョブズは全てを失ったばかりか、世間の笑いものにされてしまうのです。

 

しかし、ジョブズは情熱を捨てることなく、「トイ・ストーリー」などで有名なピクサー社や、ネクスト社を創業していくのです。

そして数年後、倒産の危機に陥ったアップル社に経営者として返り咲き、会社を倒産の窮地から救うのです。

 

それからの活躍は、皆さんがご存知のとおりでしょう。

初代iPhone発表時の「Appleは携帯電話を再定義する」の言葉を忘れられない方も多いと思います。

 

しかし、惜しくも2011年に56歳という若さで人生に幕を下ろしてしまいます。早すぎる、早すぎる死とはこのことを言うのでしょう。「タラレバ」はタブーですが、もしジョブズが今も生きていたら、このAIの時代に、どのようなものを再定義したのか、iphoneなどのアップル社製品がどのように進化したのかを思い浮かべずにはいられません。

 

これまでジョブズは残した伝説は、「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」「21世紀最高の経営者」と賞賛されるほど偉大なものばかりです。

ジョブズの人生から学べることは、強い情熱さえあれば、どんな困難でも乗り越えられることなのです。

 

このようなジョブズの言葉は、聞く人の心に勇気や希望を与えてくれるのです。

それは、仕事に対する熱意、「世界を変えたい」という夢、毎日を本気で生き抜く力強さにあふれているからです。栄光と挫折の波瀾万丈な人生をくぐり抜けてきたからこそ、言葉の一つ一つに強い説得力があるのです。

 

ジョブズの人生から学べることは、強い情熱さえあればどんな困難でも乗り越えられるということです。そんなジョブズの「勇気ある物語」は、これからも世界の人々を魅了し続けることでしょう。

1.常識をぶちこわせ

「人と違う」ということに臆病になり、息苦しい思いをしていないか?

常識なんてのは、自分らしさを閉じ込めるための箱のようなもの。

 

だから、君の役目はその壁をぶちこわして

型破りな夢を実現することなんだ。

大きな覚悟と勇気を持って取り組めば、

君をデタラメだと言う人はいない。

 

さぁ、誰も真似できない

君だけの世界をおおいに楽しもう。

スティーブジョブズ画像

スティーブ・ジョブズの言葉カテゴリの最新記事