成長のヒント(いまも僕を助けてくれる言葉)【4月】後半(2018年)

成長のヒント(いまも僕を助けてくれる言葉)【4月】後半(2018年)

自分のパフォーマンスが最大限のなる働き方を知るには(2018年4月16日)

 

マイペースとは

ゆっくり進めることではない。

 

自分の性格(特性)を踏まえたうえで

 

長期間、安定して

能力が最大限に発揮できるように

 

自分の追い込み方を知って

自分で自分をリードすること。

 

もし、締め切り直前で、エネルギーが大爆発するなら

それまでに起爆剤となるようなことを仕込んでおく。

 

もし、着実に、確実に、計画通りに進められるなら

全体的に1.2倍速で、前倒しで終わらせておく。

 

もし、いったん休んで、再び戻すのが大変なら

スイッチを切らずに、そのまま走り続ける。

 

マイペースを知るには

一時的に

ハイペースで、熱心に働いて

自分のクセ、輝く瞬間、喜びスイッチを知っていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

どれぐらい熱い?どれぐらい純粋?(2018年4月17日)

いいことをしようとするほど

何かに夢中になっているほど

 

思わぬトラブルが起きたり

自分の能力の限界にぶつかったりする。

 

それは

前進している証拠で

悪いことでもなければ、間違ってもいない。

 

ただし

失ってはならないことが2つある。

 

それは

 

火のように燃える「熱さ」と

水のように綺麗な「純粋さ」。

 

逆に言えば

 

起きた問題を見つめて

自分自身のどこが冷めていたのか

また、意識が向いていなかったところを知り

情熱を注ぎなおす。

 

ぶつかった壁に向き合って

自分自身のどこが不純だったのか

また、手が回っていなかったところを知り

誠実な気持ちで、知恵をしぼる。

 

そうして

より熱く、より純粋になっていくことが大切。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

人生が大きく動く2つの条件(2018年4月18日)

 

仕事も人生も

「ご縁」と「タイミング」の

2つが重なったときに、大きく動く。

 

ご縁があっても

タイミングではないときは

仲が良くても、表面的な関係のまま。

 

タイミングが来ていても

ご縁がない人と一緒にいても

すれ違いがあったり、違和感があったりして

関係が発展していかない。

 

ご縁がある人と

タイミングがあっているときは

 

いろいろな偶然が、連続で重なったり

みんなで、やらざるを得ない状況になったり

頼もしい個性的な仲間が集まってくる。

 

そんなときは

失うものや安定を見ずに

志や希望や理想を見る。

 

そして

保証されているレールから外れて

ご縁とタイミングが重なったところに飛び込む。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

みんながつながっていることを、思い出すだけ(2018年4月19日)

 

みんな

たくさんのつながりの仲で行きている。

 

今日食べるごはんも

 

太陽の光。

大地の恵み。

動植物たち。

収穫してくださった人。

届けてくださった人。

作ってくださった人。

一緒に食卓を囲む大切な人たち。

 

すべてがつながっている。

 

食べるとは

 

無数の命と

自分の命をつなげていくこと。

 

それにも関わらず

 

自分の都合のことばかり考えたり

お腹を満たすためだけに、機械的に食べていると

 

せっかく

つながっている命のエネルギーは失われていく。

 

逆に

自分はたくさんの命と

つながっていることを思い出しながら

食べるだけで

 

膨大な命のエネルギーが流入してきて

活力がみなぎってくる。

 

これは

 

ごはんを食べることだけでなく

遊び、人間関係、仕事、人生も

すべて同じ。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

その負荷が、魂をピカピカに磨いてくれる(2018年4月20日)

 

魂が良くなるのは

答えが分からない問題を

苦しみながらも

グーッと、深く考えているとき。

 

体が柔らかくなるのは

負荷がかかって

イテテテ…となりながらも

柔軟をして、伸ばしているとき。

 

それと同じように

 

突き抜けて個性を発揮して

魅力的なオーラをまとうのは

 

ハンディキャップ、借金、限界、闇、谷、逆風、逆境…

などを乗り越えて

すべてを魂の栄養にすること。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

大変なときほど、与える側にまわる(2018年4月21日)

 

いつのときでも

「もらう側」と「与える側」の

2つのタイプに分かれる。

 

自分の都合や好き嫌いだけを優先していたり

自分の損得ばかりを考えていたら

 

いつの間にか

周りからエネルギーを奪って

人にイヤな思いをさせてしまう。

 

それでは、結果として

もらう以上、多くを失う。

 

しんどかったり、やる気がおきない。

将来のことを考えると、不安になる。

どこか周りと噛み合っていないと感じる。

頑張っているわりに、成果につながっていない。

 

そんなときほど

 

周りのお役に立つには、どうすればいいのか?

あの人に喜んでもらうために、自分は何ができるのか?

と、何か考えられないか考えてみる。

 

すると

 

その届けたエネルギーが

回りに回って、増幅していき

意外な角度から返ってきて

 

結果的に

与える以上に、多くが入ってくる。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

長所に栄養を与えて育てる(2018年4月22日)

 

誰にでも

長所と短所があるから

 

どれだけ

短所と上手に付き合い

長所を伸ばしていけるかが大事。

 

まず第一歩は

短所が目立たないぐらい

長所を伸ばすこと。

 

そのためには

以下の3つで

長所に「情熱」を注ぐこと。

 

1つ目

やっていることを好きになる。

もしくは、好きなことを夢中でやる。

 

2つ目

ちょっと背伸びして

難しいことに挑戦して、心から楽しむ。

 

3つ目

憧れの人か長所を発揮している人と

一緒にいる時間を増やして

その情熱に触れる。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

散って、よりキレイに咲く(2018年4月23日)

 

信念を貫くことは大事。

 

でも、それがときとして

周りに多大な迷惑をかけてしまうときや

 

木っ端微塵に、砕け散って

全否定されてしまうときがある。

 

そんなときは

覚醒と飛躍のとき。

 

・自分なりのやり方

・自分の考え

・自分のこだわり

・自分の価値観(世界観)

・自分の…

 

をいったん、全部捨てて

 

ゼロに戻って

人生を教えてくれる先人や

試練を乗り越えた先輩たちの助言を素直に聞き入れる。

 

頭を下げて

正直に現状を話し、助けを求めて

周りの力をお借りする。

 

そうして

新しい感覚を取り入れ

新しい価値観(世界観)に飛び込み

新しい目覚めで、一気に進める。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

自分とみんなの間の差を無くしていく(2018年4月24日)

 

一人で抱えていたら

気持ちが重く、暗くなっていく。

一人で頑張っていたら

すぐに限界がやってくる。

 

自分のためだけに動いていたら

長くは続かない。

 

秘訣は

 

みんなのため=自分のため

みんなの喜び(幸せ)=自分の喜び(幸せ)

 

に近づけること。

 

そのためには

 

自分のことをいったん置いておいて

みんなの喜び(幸せ)のために

自分ができそうな

あらゆることを惜しみなくやっていき

 

自分の枠(自分なりのやり方)や

自分で作っている壁を壊すこと。

 

すると

 

周りから応援してもらえるようになる

元気と勇気がわいてくる。

 

エネルギーが流れ込んできて

いいアイディアがひらめいたり、突破口がみつかる。

 

そして

自分の新たな喜び(幸せ)に気づいていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

自分とみんなの間の差を無くしていく(2018年4月25日)

 

今まで経験してきたことに

何ひとつ、ムダなことはない。

 

もし、深く傷つくような経験をしても

そのおかげで

人の痛みが分かるようになっていく。

 

もし、恥ずかしい思いや失敗をしたとしても

自分らしいネタになって

誰かのお役に立つことができる。

 

だから

今やっていることに

熱心に打ち込んだり

全力でぶつかっていけば

 

気持ちよく、砕け散ろうが

ありがたいことに、多くに恵まれても

 

過去の出来事と、すべての経験が

どんどんつながっていき

 

何をやっても

自分が輝く道になっていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

分けないで、丸ごと飲み込んでみる(2018年4月26日)

 

自分の人生に起きたことや

今の仕事で直面していることを

 

納得がいくように分析したり

 

意味が分かるように

キレイに整理しようとすると

 

頭ばかりに残って

心には残らなくなる。

 

いちいち

納得や意味を求めすぎない。

 

分からないものは

そのまま丸ごと取り込んで

 

心に触れたものを大事にする。

 

そうすると

必要なタイミングのときに

勝手につながって

意味がたち現れてきたり

必要なメッセージが飛び込んでくる。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

感謝を深める(2018年4月27日)

 

なかなか感謝できない人や

感謝が浅い人の共通点は

 

・今まで周りにしてもらったことを分かっていない

・今まで人のために動いた経験が圧倒的に少ない

 

この2つのどちらか、もしくは両方。

 

今までの過去を振り返って

 

両親、家族、先生、友人

先輩、後輩、仲間、お客さん…

 

に、自分がしてもらったこと

与えてもらったものを丁寧に思い出してみる。

 

次に

 

周りの方たちに喜んでもらえることを

とことんやってみる。

 

そうすると

人のために動くというのは

 

どれだけ時間やエネルギーが必要なのか

どれだけ考えることがたくさんあるのか

 

などが体で分かってきて

同時に、感謝が深まっていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

すべては、自分が何を選ぶかで決まる(2018年4月28日)

 

100%幸or100%不幸

100%自信があるor100%不安

 

2つのどちらか、ということはない。

 

心の中には

 

幸せ、信頼、安心、喜び…もあれば

不満、不信、不安、恐れ…も同時に

いくつも入り混じっている。

 

大事なことは

自分がどれを選ぶのか、ということ。

 

幸せを選んだら、幸せが大きくなっていく。

不幸を選んだら、不幸が大きくなっていく。

 

喜びを選んだら…。

不満を選んだら…。

 

それは、現状に関係なく

すべては自分の意思しだいであり

 

その意思とは、選ぶこと。

 

そして

選んでから

その選択肢に、現実が引っ張られていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

才能が開花する3つの条件

 

タネから芽が出て

成長していき

花が咲くには

 

・豊かな大地

・清らかな水

・降り注ぐ光

 

が必要なように

 

才能が花開くのも、また同じ。

 

まずは

楽しくて好きなことだったり

必要に迫られたりして

 

ずっと考え続けていることや

疑問や問いを持ち続けていることが

 

才能が伸びる土壌(土台)となる。

 

その上で

人に喜ばれることや

人から感謝されることが

才能に潤いを与える。

 

あとは

燃えるがごとき情熱や

並々ならぬ覚悟と使命感を持ち

 

希望や高い理想に向けて

夢中で働くことで

才能が花開いていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

自分一人の努力では飛躍は無い(2018年4月30日)

 

自分の考えや

今までのやり方だけでは

近々、どこかで限界がやってくる。

 

自分が好きなことや

自分がやりたいことだけでやっていたら

 

刺激が強くて、味が濃い

わかりやすいことに走ってしまう。

 

それだと

大事なことを見失ったり

人の気持ちが分からなくなっていく。

 

目の前の人の心を感じて

起きる出来事を楽しむことで

美的感覚や、繊細微妙な感性を養っていきながら

 

つらくて、しんどいことは

素直に助けを求めて

周りから力をお借りする。

 

そうすれば

思ってもみなかったような展開が起き

想像を超えるところに運ばれていく。

あなたの光に触れる人たちが

ますます輝いていき

その光の波が

世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

”できる”成長のヒントカテゴリの最新記事