やっぱりキンプリ脱退組がテレビから干される理由…草なぎ剛は退所→主演まで5年

アイドル

 

 昨年11月4日、ジャニーズ事務所の人気グループ・King&Prince(キンプリ)の分裂が発表された。平野紫耀、神宮寺勇太は今年5月にグループを脱退し、そのまま事務所からも退所。2人と同じタイミングで脱退する岸優太も、同年秋には事務所を離れる。残る永瀬廉、高橋海人は事務所に残り、2人でキンプリを継続していく。

 「先月31日放送の『第73回 NHK紅白歌合戦』にはジャニーズ事務所所属グループが6組登場したが、キンプリのパフォーマンスのレベルの高さは群を抜いていた。ジャニー(喜多川元社長)さんが『最高傑作』といい、メンバーが本気で世界進出を狙っていたという話も納得できる。分裂させるには本当に惜しいグループだと改めて実感した」(テレビ局関係者)

  キンプリファンは当然、悲しみに暮れているわけだが、脱退・退所が決まった3人について、一部では「事務所に追い込まれた」という報道も。昨年11月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、藤島ジュリー景子社長がキンプリの5人と面会した際に「あなたたちなんか私の手に負えないから知らない」と突き放したと報じたが、事務所側は「事実と全く異なる虚偽の内容を多々含む記事」だとして「法的措置を検討」するという姿勢を見せた。しかし、ネット上のキンプリファンの間ではその後も「事務所からの圧力」が心配されている。

 そんななか、先月発売の「文春」は平野や神宮寺、岸が今後、民放テレビ番組に出入り禁止状態となる可能性を伝えた。記事では、2016年末に解散したSMAPの元メンバーで17年9月にジャニーズを退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が当初、地上波のテレビ番組から姿を消すことになった経緯などに触れつつ、平野、神宮寺、岸についても事務所を離れた後は民放番組への出演は難しいと伝えられている。

(以下、続く……….)

引用元:Biz Journal https://biz-journal.jp/2023/01/post_330763.html

 

タイトルとURLをコピーしました