コロナワクチン「接種開始時期と死者増加時期が一致」のデータが意味するものとは|NEWSポストセブン

政経・生活・事件事故災害

命を救うはずのワクチンだが、接種を繰り返すとなぜか死者が増えていた。原因はコロナか、がんや心疾患か、それとも別に要因があるのか。一体、いま日本で何が起きているのか──データとデータを重ね合わせて読み解くと、ある不都合な真実が見えてきた。

 日本人が猛烈なスピードで命を落としている。厚生労働省が発表した人口動態統計速報によると、2022年は1〜8月だけで2021年の同期間よりも死者数が7万1000人ほど増加した。そもそも2021年は死者数が前年比約6万7000人増と、戦後最大にまで増加したが、2022年はわずか8か月で前年の増加分を追い越した。

 増加のペースもすさまじく、2022年2月は前年より約1万9000人増、8月は約1万8000人増となった。2011年の東日本大震災による死者は約1万6000人だったことを考えると、大震災に匹敵する“災害”が2度も発生した計算になる。(略)

 

引用元:NEWSポストセブン 

コロナワクチン「接種開始時期と死者増加時期が一致」のデータが意味するものとは
命を救うはずのワクチンだが、接種を繰り返すとなぜか死者が増えていた。原因はコロナか、がんや心疾患か、それとも別に要因があるのか。一体、いま日本で何が起きているのか──データとデー…

 

https://www.amazon.co.jp?adgrpid=56100363354&hvpone=&hvptwo=&hvadid=289260145877&hvpos=1t1&hvnetw=g&hvrand=4185160654050704000&hvqmt=e&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=9053391&hvtargid=kwd-10573980&linkCode=ll2&tag=ac0016025096-22&linkId=98e0794e71c4666de5ff42178b3fa1a1&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_tl
タイトルとURLをコピーしました